滋賀で耐震住宅を建てるなら、エルアイシー一級建築士事務所にお任せ下さい




間口(まぐち)
敷地や建物の正面の幅。敷地は道路に接している面、建物は玄関面を間口というのが一般的。
間口に対して奥行き。

柾目(まさめ)
板に見えている木の年輪の見え方(木目)がスッキリと並んだもの。

        
廻り階段(まわりかいだん)
間に踊り場があり、登り始めの向きと反対の向きで登り切る。

        
廻り縁(まわりぶち)
壁面と天井面が接する部分に取付る横木。壁と天井の仕上がりを綺麗に納める為に取り付ける。

見込み(みこみ)
見えているものの奥行き、側面。

見込み寸法(みこみすんぽう)
奥行きの寸法。

水切り(みずきり)
外壁の下部、サッシの下部にあるもので外壁、サッシをつたって落ちてくる雨水を斜めにした部材
(水切り)で 外部に流す為のもの。

   
見付け(みつけ)
正面から見た時に見えている部分。

   
見付け面積(みつけめんせき)
正面から平面的に見えている部分の面積。

   
見積書(みつもりしょ)
図面化した建物が実際に工事をして建てるにはいくら掛かるかを示す。工事名称、使用部材、
個数、面積、 単価、金額がなど入っており図面と内容が一致している。記載以外の工事に
ついては別途工事となる。

無垢(むく)
原木より取り出し、成形した状態のもの。

無垢材(むくざい)
くっつけたり、張り合わせたりといった加工を施していない木材。
無垢材に対して集成材(しゅうせいざい)、突板(つきいた)などがある。

  
むくり
反り凹の反対で凸の状態。木材の変形している状態を表す言葉。
日本建築では屋根に反り、むくりを利用してデザインとしている。

  
棟上(むねあげ)
屋根の一番高いところにある屋根を支える横材の棟(むね)を上げる(取り付ける)ことを
あらわす。 竣工までの無事と建物の堅固さを祈願する。地域により作法に違いがある。
上棟式(じょうとうしき)ともいう。
          

面格子(めんこうし)

防犯を目的として窓の外側につける格子。風呂、トイレ、洗面所といった小さい窓に取り付ける、
大きな窓は シャッター、雨戸。    
        
免震構造(めんしんこうぞう)
地震による揺れを直接建物に伝わらないようする構造。基礎と建物の間に緩衝装置を取り付け
振動を軽減する。
  
面取り(めんとり)
角材や仕上げ材の角の部分を保護や装飾目的で削り取る事。
  
木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)
柱、梁(はり)、桁(けた)、母屋(もや)、筋交い(すじかい)などの構造部材に木製部材を
使用した工法。仕口(しぐち)、継手(つぎて)の加工が特長的だが最近では金属を使い品質の
均一化が進んでいる。
  
モジュール
基本単位、基準寸法のこと。91センチと1メーターを基本モジュールとするのが一般的。
  
盛り土(もりど)
新たに土を入れて造った地面。
株式会社エルアイシー一級建築事務所  Copyright © LIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.